6776円 フジタ 特別栽培 十勝の豆  小豆<300g> 1ケース(20入) 食品・飲料・お酒 乾物 乾燥豆 十勝の豆 ,/fustet869729.html,フジタ,食品・飲料・お酒 , 乾物 , 乾燥豆,特別栽培,小豆<300g> 1ケース(20入),6776円,www.kittysites.com 6776円 フジタ 特別栽培 十勝の豆  小豆<300g> 1ケース(20入) 食品・飲料・お酒 乾物 乾燥豆 フジタ 特別栽培 十勝の豆 小豆 1ケース 300g 20入 卸売り 十勝の豆 ,/fustet869729.html,フジタ,食品・飲料・お酒 , 乾物 , 乾燥豆,特別栽培,小豆<300g> 1ケース(20入),6776円,www.kittysites.com フジタ 特別栽培 十勝の豆 小豆 1ケース 300g 20入 卸売り

フジタ 特別栽培 十勝の豆 小豆 1ケース 信託 300g 20入 卸売り

フジタ 特別栽培 十勝の豆  小豆<300g> 1ケース(20入)

6776円

フジタ 特別栽培 十勝の豆  小豆<300g> 1ケース(20入)


商品の説明

2020年9月パッケージが変更されました。↓が最新の情報となります。

フジタ 契約栽培北海道産小豆<300g>

フジタ 特別栽培 十勝の豆 小豆<300g>

◎十勝の大自然に育まれて健やかに育った自慢の豆たちの風味と味わいをお楽しみください。【商品詳細】■名称:小豆■原産地:北海道■内容量:300g■賞味期限:2年■保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。■販売者:フジタ(株)【農林水産省新ガイドラインによる表示】■特別栽培小豆〕・節減対象農薬:当地比5割減・化学肥料(窒素成分):当地比5割減■栽培責任者・氏名:佐藤博志・住所:北海道上川郡清水町字人舞272番地・連絡先:0156-62-5286■確認責任者・氏名:十勝清水町農業協同組合農産部審査役 石井博之・住所:北海道上川郡清水町南2条1丁目8番地・連絡先:0156-62-2131■節減対象農薬の使用状況・詳細につきましては、ホームページに記載しております。【小豆・金時豆・大豆などの炊き方】①豆を水洗いし、4倍の水(夏:5~6時間、冬:一晩)に浸します。②浸した水のまま強火にかけ沸騰させ、アク抜きの為煮汁を捨てます。③豆がかぶる位の水で、再び強火で煮る。沸騰したら弱火でコトコト煮ます(差し水2~3回)。④芯まで柔らかくなったら、お好みで砂糖・塩を加えて仕上げる。【黒豆の炊き方】①だしを作る(黒豆300gに対して)・水…………1.8L・砂糖………250g・しょうゆ…25g位・塩…………小さじ1/2*調味料はお好みにより加減してください。・さびた釘(洗って布袋に入れる)……5本位*さびた釘を入れると豆が黒く煮上がります。なければ不要です。②①のだしを沸騰させてから火を止め、温度が下がったら黒豆300g(本品)を入れて5時間位漬けておく。③②を中火にかけ、沸騰前に火を弱くしてアクを取り、差し水1/2カップをしてもう一度煮立てて、更に同量の差し水をする。この間出て来たアクをなるべく取る。④落としぶたをし、ふきこぼれないよう、ごく弱火で5~6時間位煮ます。早く煮つまった時は水を足して、煮つまりが足らない時は更に時間をかけて煮ます。⑤豆がしっかり煮えたら、そのまま煮汁につけた状態で一昼夜おいて、充分味を含ませます。*豆は外気温が上昇すると虫やカビが発生する恐れがありますので通気の良い涼しい場所で保存してください。【栄養成分表示】(100g)当たり・エネルギー:339kcal・たんぱく質:20.3g・脂質:2.2g・炭水化物:58.7g・食塩相当量:0g*推定値 *画像はイメージです。実際にお届けする商品とパッケージ等が異なる場合がございますが基本的に中味の変更はございません。中味の変更のある商品については、商品情報を訂正して販売を行っております。

フジタ 特別栽培 十勝の豆  小豆<300g> 1ケース(20入)

')

<title>フジタ 特別栽培 十勝の豆 小豆 1ケース 300g 20入 卸売り " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報